【読書録】『謙虚さ』が企業経営の秘訣??理想の『自分株式会社』を経営しよう!

 

 

みなさんどうも🐷

いつも暇人まるさんです🐷

 

 

 

 

 

 

 

本日の読書録はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと (アスカビジネス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆学んだ言葉

1、自分株式会社

2、小学5年生に分かる言葉で話す。

3、相手の話を最後まで聞く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、自分株式会社

みなさんは

『サラリーマン生活』

満足されていますか?

 

 

早く独立して

「自分の会社を経営したい」

と思っている方もいらっしゃると思います。

 

 

しかし、

我々は、生まれながらにして

経営者なのです。

 

 

何を経営しているかというと

『自分』

です。

 

自分株式会社の経営者なのです。

 

 

 

 

『家族部門』

『趣味部門』

『健康部門』

『仕事部門』

『お金部門』

などの様々なセクションに分かれています。

 

 

どれか一つでも

円滑に回っていないと

会社(自分)の利益(効用)が最大化しません。

 

 

現在、

まるさん株式会社は、

健康部門がサボりまくっていますので、

デブなのです🐷

 

 

まずは、

自分株式会社を見つめ直し、

最強企業にしてみちゃいましょう。

 

 

 

レッツ!自分株式会社経営🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、小学5年生に分かる言葉で話す。

「それ、リスケして」

エビデンスしっかりつけて」

「コンセンサス得ているの?」

 

 

こんなことを言っている私は、

とんだ勘違いおデブです。

もはや、言いたいだけです。

カッコつけているだけです。

 

 

「日程の再調整して」

「証拠しっかりつけて」

「組織の総意得ているの?」

 

 

といえば、

基本誰にでも伝わります。

 

 

エビデンス

なんて

『証拠』

より文字数多いですよ。

なんですかこれ🐷

 

 

誰にでも伝わる言葉選びは

意外と難しいです。

 

 

心がけのコツとしては、

小学5年生に説明するつもりで

言葉を選ぶ。

 

 

小学5年生に説明するつもりで

説明上手になっちゃいましょう。

 

 

レッツ!説明上手🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、相手の話を最後まで聞く。

「いや、そうじゃなくて」

「ちょっと待って」

 

 

性格の悪い私がよくやっている

相手の話を遮る技です。

 

 

さて、

これをされると話している相手は

どう感じるでしょうか?

 

 

そう。

激おこプンプン丸になります。

完全に不機嫌です。

 

 

人の話を聞かない人は、

嫌われます。

 

 

なぜなら、

人は、話をすることで満足感を得るからです。

 

 

それを遮られると

非常に不満に思います。

 

 

とにかく、

人の話は最後まで聞きましょう。

 

 

話したいだけの人もいますので

それを察して対応するのも

一流のイケメンマッチョです。

 

 

『話を聞かないデブ』

ではなく

『話を聞くイケメン』

になっちゃいましょう。

 

 

レッツ!最後まで聞く🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆まとめ

皆様は、3年後を意識して

日々過ごされていますでしょうか?

 

 

3年後自分がどうなっているかなど

ほぼ予測が立ちませんが、

後悔だけはしたくないですよね。

 

 

この本を読んで

思ったことは、

 

 

やはり

『謙虚に生きる』

ということが重要なのかな

と感じました。

 

 

私の座右の銘の一つ

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

です。

 

 

後悔しないためにも

謙虚に踏ん張っていきましょう🐷

 

 

 

 

 

ではでは。