『ブログ休暇』取得のススメ!ブログを更新しないことで見える、自分にとっての『ブログ理論』

 

 

みなさんどうも

お久しぶりです。

まるさんです🐷

 

 

私、まるさん、

ここ1週間ほど、

ブログを更新しておりませんでした。

 

 

『ブログ休暇』をいただいておりました。

f:id:maruk03:20170701143435p:plain

 

 

 

ほんの少しの休憩でしたが、

ブログを1週間更新しないことで

学んだこと・感じたこと

がいくつかありました。

 

 

なので、今回は

ブログを更新しないことで感じたこと

をシェアさせていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ブログを書かないことで感じたこと。

1、情報量が下がる。

2、アクセス数が下がる。

3、人と話す時間が増えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、情報量が下がる。

ブログを書くという行為は、

情報を発信することです。

 

 

情報を発信する準備として、

まず最初に、情報収集を自分で行いますし、

また、他のブログを見ることで、

さらに情報が入ってきます。

 

 

ブログを書かないことで、

情報量が少なくなりました。

世間的なニュースもそうですし、

新しい技術のニュースも

見る機会が減りました。

 

 

やはり、

情報は、情報を発信する人に情報が集まる

という理論は正しいかな

と感じました。

 

 

やはり、

情報弱者には、なりたくないので、

ブログは1つのツールとして

必要だなと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、アクセス数が下がる。

ブログを更新しないので、

基本的に、アクセス元は検索流入です。

 

 

私のごときの6流ブログは、

検索流入だけでは、アクセス数が上がりません。

 

 

アクセス数の減少は、

ブログモチベーションが下がります。

 

 

アクセス数を気にする人は、

やはり、毎日更新することが

重要だなと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、人と話す時間が増えた。

ネットに関わる時間が減り、

人と話す時間が増えました。

 

 

というのも、

飲み会が連発したので、

ブログを書く時間がいつもより、

少なかったという感じです。

 

 

たまには、ブログを休息して、

旧友などとリアルで交流するのは、

必要かなと思いました。

 

 

やはり、

リアル交流とネット交流のバランスを取ることが

重要かなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆結論

「ブログはなるべく更新すべき」

「ブログ休暇は有益」

という結論に至りました。

 

 

これは、私の持論です。

 

 

ブログを始めて、約3ヶ月ほど経ちましたが

初めてのブログ休暇となりました。

 

 

自分にとってのブログ理論

を見直すきっかけになりました。

 

 

みなさんも

1回くらいブログ休暇を取得されては

いかがでしょうか?

 

 

リフレッシュして、

さらに、質の高いブログを運営しちゃいましょう。

 

 

 

 

 

ではでは。