【読書録】人生変わる??『読書』は最も期待値の高い『投資』である。

 

 

 

みなさんどうも

読書大好きデブの

まるさんです🐷

 

 

 

 

 

本日の読書録はこちら。

 

 

 

 

 

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

 

 

 

 

 

 

 

◆学んだ言葉

1、未知への課題に対するヒントは、誰かが本に書いている。

2、本の買いすぎで貧乏になった人はいない。

3、辛いときに群れるな。本を読め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、未知への課題に対するヒントは、誰かが本に書いている。

読書のメリットは、何があるのでしょうか?

その答えの一つに、

『困ったときの解決策を教えてくれる』

というのがあると思います。

 

 

本には、作者の気持ちが間違いなく反映されています。

作者が、誰かに伝えたい教訓を書き記してあります。

 

 

人生で何かに困った時、

『友人に関すること』

『恋愛に関すること』

『仕事に関すること』

『健康に関すること』

『家族に関すること』

何かで困ったときに、

ヒントを教えてくれるのが

一冊の本なのです。

 

 

あなたが困っていることは、

過去の誰かが経験し、解決策を書物にしてくれているのです。

 

 

レッツ!読書🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、本の買いすぎで貧乏になった人はいない。

『読書をする人』

『読書をしない人』

には、『年収の差が出ている』という統計データがあります。

 

 

読書をする人ほど、

お金には困っていない

ということが言えそうです。

 

 

読書は

『最も効率的な投資』

とも言われています。

 

 

本1冊の値段は、平均1,000円くらいします。

読書が習慣化されていない方は

その1,000円が高く感じてしまいますが、

その1,000円で多くの情報量を獲得することができるのです。

『情報』は『現代における武器』です。

より多く、より希少性のある情報を集めることができれば、

投資した結果は、予想以上に身に返ってきます。

 

 

本の買い過ぎで

破産した人なんて聞いたことがありません。

 

 

誰しもが簡単に投資でき、リターンが期待できる

それが読書です。

 

 

 

レッツ!読書🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、辛いときに群れるな。本を読め。

ストレスが溜まっている時、

気落ちしている時、

そんなときは、友達と一緒にお酒を飲んで心機一転しよう。

と、居酒屋で気持ち良く飲んで、楽しいひとときを過ごす。

 

 

しかし、

残念なことに、悩みのタネを解決できていないので

家に帰ると、カウンターパンチをもらってしまい、

さらに気落ちしてしまいます。

 

 

友達と話をすることも

重要ですが、

悩みがあるときは、本屋に行ってみましょう。

 

 

あなたの悩み関する本を1冊買って、

家に帰って読んでみましょう。

 

 

すると

心なしか、気持ちも楽になりますし、

解決策も見いだせることもあります。

 

 

困ったときは

読書でいきましょう。

 

 

 

 

レッツ!読書🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆まとめ

私自身、大学生になるまで

読書が嫌いでしかたありませんでした。

活字を読むのが面倒くさいし、

陰気臭くて根暗の人がすること

というイメージでした。

 

 

しかし、

ある時をきっかけに、読書をし始めると

人生が変わったと思います。

 

 

20kgの減量に成功しましたし、

多くの方に出会うようになりましたし、

一人旅も始めましたし、

彼女もできました。

 

 

言い過ぎかもしれませんが

本当に変わったと思います。

 

 

今では、

年100冊ほどの読書量です。

読書が楽しくてしかたありません。

 

 

 

本を読んでいる方なら

この気持ち分かっていただけると思います。

 

 

読書は、死ぬまで続けていきたい趣味です。

本当にオススメです。

 

 

 

 

ではでは。