【読書録】なぜ経営陣は、社員を褒めないのか?褒めることはタダなのに効果絶大。

 

 

みなさんどうも

ビジネスマンきどりの

まるさんです🐷

 

 

 

 

 

 

本日の読書録はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆学んだ言葉

1、過去の競争から学び、その教訓を活かせ。

2、今日の経営陣の欠点は、社員を褒めないこと。

3、他人の過ちから学べ。

 

 

 

 

 

 

 

 

1、過去の競争から学び、その教訓を活かせ。

ダイエットの手法は様々あります。

色んな手法をとにかくやってみるのが、

成功の秘訣だと考えています。

 

 

なぜなら、

色んな事を試し学び、

その教訓を活かせるからです。

 

 

いわゆる

PDCAサイクルです。

このサイクルを上手くできる人は、

何をやっても成功できると思います。

 

 

PLAN(計画)

DO(実行)

CHECK(評価)

ACT(改善)

 

 

PDCAで重要なことは

下記図のように

上に進むということが重要です。

Aの後に最初のPに戻っては意味がありません。

 

 

「PDCA 著作権フリー」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

レッツ🐷教訓活かし🐷

 

 

 

 

 

 

 

2、今日の経営陣の欠点は、社員を褒めないこと。

「まるさんってダイエット本当上手だよね」

「まるさんのダイエット意識の高さすごいよね」

「まるさん、天才、最高、大好き」

 

 

誰しも褒められると

やる気が出ます。

そして笑顔になります。

 

 

褒めている側も笑顔になります。

 

 

 

笑顔は、エネルギーに変わります。

そのエネルギーがあれば、力を存分に発揮できると思います。

緊張もなく、集中し、頭の回転が最大の状態。

僕はこの状態、時間帯を、

ゴールデンタイム

とよく呼んでいます。

 

 

褒めよう。

 

そして、笑顔になろう。

 

 

 

 

 

 

レッツ🐷1日1褒🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、他人の過ちから学べ。

もしタイムマシンが完成したら、

過去に戻り、

太り始めた小学2年生のまるさんに

こう、助言します。

「今の俺を見ろ。モテやしないぞ。

あと、『まるさんず通信』というブログを見ろ。」

と。

 

 

 

自分自身で

全ての過ちを経験する暇などありません。

他人の誤りから学び、活かしていくしかありません。

 

 

そのために、

史学があるのだと

僕は考えています。

 

たとえば、

日本史を学べば、

社会の構造を理解し、

歴史は繰り返されることを学べます。

 

 

それを

活かしてしまえば

良いのです。

 

 

 

 

 

 

レッツ🐷他人の過ち学び🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆まとめ

新社会人のみなさんは、

仕事を始めて1ヶ月。

 

 

楽しいこと辛いことあると思います。

辛い時や悩んだときは、

この本を読むと、何かのヒントになると思います。

オススメです。

 

 

ベテランのビジネスマンの方にも

原点回帰の意味でオススメです。

 

 

私もたまには、

読み返して

原点に戻りたいと思います。

 

 

 

 

 

ではでは。