【読書録】デブリンピック日本代表(?)の私が学んだ、人生で最も大切な101のこと。

 

 

みなさんどうも

まるさんでございます🐷

 

 

 

本日の読書録はこちら。

 

 

 

 

 

 

私が野球から学んだ人生で最も大切な101のこと

私が野球から学んだ人生で最も大切な101のこと

 

 

 

 

 

 

 

◆学んだ言葉

1、自分にしかないものに磨きをかけろ。

2、財を残すは下。仕事を残すは中。人を残すは上。

3、人間学なきものにリーダーの資格はない。

4、勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負け無し。

5、人に認められてこそ個性なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

1、自分にしかないものに磨きをかけろ。

私は、小さい頃から

「動けるデブ」

と言われるほど、運動が得意でした。

特に水泳のバタフライは圧倒的な速さでした。

バタフライに特化して

練習を徹底的にしていました。

 

 

もし

デブリンピック(デブの祭典)があれば、

私は、日本代表に選ばれていたことでしょう。

デブリンピック、競泳、バタフライでは、

金メダル級だったと完全に妄想しています。

 

 

「一芸に秀でる」という言葉があります。

レベルの高い競争社会の中では、

より、成績を残すためには

何かに特化すべきなのです。

 

 

つまり、

平均的な選手よりも

一芸に秀でた選手の方が

活躍の場が見つかりやすい。

ということです。

 

 

 

レッツ!一芸磨き🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、財を残すは下。仕事を残すは中。人を残すは上。

財産を残すこと。

事業を残すこと。

それらよりも尊いことは

どれだけの人材を育てたか

ということです。

 

 

ここでの人材は

技術的に優れた人材ではなく

人間として優れた人のことを表します。

 

 

今日において

人材育成は非常に重要であり、

簡単には、成就しないことです。

 

 

しかし、

それができてこそ一流

ということなんですね。

 

 

 

 

 

レッツ!人残し🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、人間学なきものにリーダーの資格はない。

人とはどういう生き物なのかに対する洞察が人間学と言えます。

 

 

その洞察力を備え、

ものごとに動じず、どっしりと構えられる人物であること。

それこそがリーダーとして必要な要素なのです。

 

 

私のように

贅肉がどっしり乗っているだけではダメなのです🐷

 

 

 

レッツ!人間学🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負け無し。

私が太っていることには、

理由があるのです。

そう。

太るべくして太っているです。

 

 

同じように、

負けた時は、何らかの理由があるのです。

負けるべくして負けたのです。

 

 

なぜ負けたのか

どこに問題があったのかの考える。

それが最も重要なことなのです。

 

 

勝手教わることより

負けて教わることの方が多いのです。

 

 

 

 

レッツ!負け復習🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5、人に認められてこそ個性なのである。

「お腹の贅肉が私のチャームポイント(個性)です」

などと自ら個性を発言している私です。

 

 

しかし、

個性とは、他人に評価されてこそ価値のあるものなのです。

客観的な判断でこそ、魅力的なものなのです。

 

 

主観的な個性は

わがまま、独りよがりな発言でしかないのです。

 

 

「まるさんの背中のお肉って独特だね」

と言われてこそ、個性なのです。

 

 

 

 

レッツ!客観的個性🐷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆まとめ

野村監督の本で、本来は野球の話であるのに

記事がデブネタで埋め尽くされてしまいました。

野村監督、本当に申し訳ありません。

 

 

野村監督の人間学思考は

生きていく上で、

本当に頼りになる考え方だとも思います。

 

 

人生で困った時に読むと、

救いのアイデアとなると思いますので

オススメです。

 

 

 

 

 

 

 

ではでは。