【読書録】デート時の会話力。沈黙せずに共感しよう。そうしよう。

 

 

 

みなさんどうも

女の子大好き

まるさんです🐷

 

 

 

 

本日の読書録はこちら。

 

 

 

 

 

 

「女を楽しませる」ことが男の最高の仕事。 (だいわ文庫)

「女を楽しませる」ことが男の最高の仕事。 (だいわ文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆学んだ言葉

1、うんちくを語る暇があったら、共感しよう。

2、反論する暇があったら、共感しよう。

3、説教する暇があったら、共感しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆共感しよう

女性とデートしている時、

”会話力”

これが運命を左右するキーワードです。

 

 

下手なことは話せない。

笑わせないといけない。

そもそも会話が続かない。

 

 

私のような否モテ男は

このようにテンパって自滅します。

 

 

 

重要なのは

”会話の内容”

ではなく

”会話の性質”

です。

 

 

つまりは

話のトー

が重要ということです。

自慢なのか、悪口なのか、ため息なのか?

 

 

 

「俺、この間、プリンを2秒で食べれたんだ〜」

おい!俺!

そんな自慢話して、相手が楽しいと思うか?

 

 

「あの人ってガリガリ過ぎて、不健康そうだよね〜」

おい!俺!

そんな悪口話して、相手が楽しいと思うか?

 

 

「どんなに頑張っても全然2段腹が無くならないんだよな〜」

おい!俺!

そんなため息して、相手が楽しいと思うか?

 

 

 

 

まずは、

相手の話を聞きましょう。

 

 

そして

自分の意見を言うのではなく、

共感しましょう。

 

 

「そうだね。」と

 

 

 

・うんちく

・反論

・説教

 

 

そんなことしている暇はありません。

まずは共感しましょう。

そこから相手が楽しめる話をしていきましょう。

そして自分も楽しみましょう。

 

 

全ては共感スタートです。

 

 

心理学的にも

人は本能的に認められることを欲します。

承認欲求です。

 

 

うんちく、反論、説教なんて

相手はつまらないですよ。

 

 

 

●ポイント

共感をして、相手を楽しませよう🐷

 

 

 

 

 ◆まとめ

今回のテーマは

女を楽しませるという

かなり男目線での意見となりました。

 

 

女性のみなさん。

間違っていたら

単純にすいません。

 

 

それほど

僕のような否モテ男は

切羽詰まっているです。

 

 

 

ヘルプミー🐷

 

 

 

 

 

 

 

ではでは。