読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【一人旅】『原付バイク野宿一人旅』における”15の楽しさ&メリット”

 

 

みなさんどうも

一人旅大好き

まるさんです🐷

 

 

 

いきなりですが

私、まるさんは

『国内原付バイク野宿一人旅』

をたま~に敢行しております。

 

 

『原付バイクと荷物』

f:id:maruk03:20170505215719j:plain

ちなみにこんな感じです。

 

 

一人旅行者やバックパッカー

多い今日ですが

 

『原付き野宿一人旅の楽しさ&メリット』

をご紹介させていただきたいと思います。

 

 

 

では行きます。

 

 

 

 

 

◆原付き野宿一人旅の楽しさ&メリット

1、強固なメンタルを体得できる。

2、普段とは違う経験ができる。

3、1人の時間が持てる。

4、現地人と一期一会がある。

5、そこでしか味わえない食に会える。

6、景色を空間として感じれる。

7、見たことのない絶景を見れる。

8、健康的な生活になる。

9、ゆったり時間が過ぎるのを楽しめる。

10、交通費が安い。 

11、自分で行き先を決めれる。

12、帰りたくなったら帰れる。

13、宿代がかからない。

14、道を間違えてもすぐ転回できる。

15、地理に詳しくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、強固なメンタルを体得できる。 

野宿を初めてする時、恥ずかしくてしかたありません。

夜中寝ている時、誰かが通ると恐怖で寝れません。

パンクしても治すお店が近くにありません。

ネットの電波が届かないところもあります。

色んなことを経験します。

 

少しのことで

動じなくなります。

 

旅から帰ると

そこそこのメンタルを体得しています。

今の僕があるのも

原付き野宿一人旅を経験したからこそだと思っています。

 

 

『栃木のバイパスでパンクして絶望中』

f:id:maruk03:20170505220032j:plain

 

その後、

JAFを呼びなんとかなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2、普段とは違う経験ができる。

『場所』

『人』

『食事』

全てが普段とは違います。

 

 

毎日新鮮な刺激を受けれます。

その刺激が本当に面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、1人の時間が持てる。

一人旅はもちろん、基本1人です。

自分で考える時間が増え、

様々なことを考えます。

 

『家族のこと』

『仕事のこと』

『社会のこと』

 

いつもの日常では

体験できない貴重な時間です。

 

考えることで

自分の中の哲学が

強固になっていくと思います。

 

俗に言う

『自分の軸』

を構築できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、現地人と一期一会がある。

こっちから話しかけなくても

話しかけれることがあります。

 

特に遠くの土地では

なおさら話しかけられます。

 

原付きのナンバーで出身がバレるので

たいてい、

「お前横浜から原付きで来てるのか?」

と聞かれます。

 

そこから

雑談もすれば

名所、名産を聞いたりもします。

 

その思い出は

楽しい一時として

今でも覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5、そこでしか味わえない食に会える。 

ご当地グルメを食せます。

安いし、本当に美味しいです。

 

美味しいものを食べると

単純に楽しい気持ちになります。

 

 

秋田県で食べた比内地鶏の親子丼』 

f:id:maruk03:20170505220411j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

6、景色を空間として感じれる。 

窓がないので、

新鮮な空気とともに

大自然の絶景を生で体感できます。

 

見た瞬間の

「うわぁ🎵」

と感嘆の声が出てしまう程です。

 

 

『広がる自然』

f:id:maruk03:20170505221102j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7、見たことのない絶景を生で見れる。

大自然、湖、川、滝、山

絶景と言える景色を生で見ることで

感性が磨かれる感じがします。

 

 

『湖(名前忘れた)』

f:id:maruk03:20170505221240j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

8、健康的な生活になる。 

夜になると街灯が少なく、

運転が危険になるので

18時くらいにはご飯を食べ、

19時くらいには寝付きます。

 

そして5時くらいに起きます。

ご飯も、美味しいものを適量食べるので

とても健康的な生活です。

 

 

 

 

 

 

 

 

9、ゆったり時間が過ぎるのを楽しめる。

温泉に入ったり、湖を眺めたり、花を見たり、

ゆっくり時間が過ぎるのを楽しめます。

 

 

『300円で入れた温泉』

f:id:maruk03:20170505220654j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

10、交通費が安い。  

ガソリンをそんなに消費しないので

本当に交通費が安いです。

1日1,000円くらいしかかかりません。

 

浮いたお金は

ご飯等に使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

11、自分で行き先を決めれる。 

行き先を決めるのは

友達でも家族でもなく、

自分です。

 

自分の行きたい場所

なんとなくたどり着いた場所

色んな場所を自由に楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12、帰りたくなったら帰れる。 

日程すら自分で決めれます。

帰りたくなれば、帰れば良いのです。

 常に自分のペースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13、宿代がかからない。 

野宿なので、

宿代がかかりません。

 

雨をしのげる屋根を見つけてしまえば

こちらの勝ちです。

 

ただし、

野宿禁止の公園等ありますので

事前に調べておくと良いと思います。

 

私は、

無料キャンプ場、道の駅の草原

等で泊まっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

14、道を間違えてもすぐ転回できる。 

原付バイクなので、見知らぬ道で迷っても

すぐ引き返せます。

車との違いでのメリットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15、地理に詳しくなる。 

色んな土地に実際に行ってみると

名産、位置、有名人

等に詳しくなったりします。

 

話のネタに

困りません。

 

 

足尾銅山でのお祭り』

f:id:maruk03:20170505221610j:plain

 

 

 

 

 

◆まとめ 

いかがだったでしょうか?

旅には

人それぞれの目的・楽しみがあります。

自分なりの旅の指針

を確立できれば

最高の旅を楽しめると思います。

 

私のは一つの事例に過ぎませんが、

参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

ではでは。