【読書録】父から子へ。人生の知恵は贈ってください。デブ遺伝子は贈らないでください。

 

 

 

みなさんどうも🐷

ゴールデンダイエットウィーク中の

まるさんです🐷

 

 

 

本日の読書録はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父から子へ贈る人生の知恵―幸せを願う153のことば

 

 

 

 

 

 

 

◆学んだ言葉

 

1、幸せになるためには、何かに夢中になること。

2、他人を批判する暇などないくらい努める。

3、褒める時は人前で、注意する時は2人の時に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、幸せになるためには、何かに夢中になること。

 

「夢中になれる」

最高の才能であり

魅力的に見える要因の一つです。

 

 

かつて

私はデブエットに没頭していました。

(本能的にですが)

(食べたくてしかたなかったのです)

デブ界のエース

として君臨していました。

(自称ですが)

 

 

しかし、

今は

ダイエットに夢中です。

 

 

そして

はてなブログにも夢中です。

 

 

愛犬とんすけにも夢中です。

 

 

夢中って最高ですね。

レッツ夢中🎵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、他人を批判する暇など無いくらいに努める。

 

他人にイライラしてしまい

何か言いたい時ってありますよね🐷

 

 

細マッチョイケメンが

めっちゃおもしろトークしてたら

「イケメンが面白い話したら、デブな私の役割がなくなるだろーがっ!!!」

と言いたいところですが、

 

 

他人を批判してる暇があるなら

私は

もっと面白くなるために努めれば良いのです。

もっとダイエットに努めれば良いのです。

 

 

批判の時間なんて

もったいないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、褒める時は人前で、注意する時は2人の時に。

 

人間関係

人材育成

の基本です。

 

 

人前で

褒められるときほど

嬉しいときはありません。

 

 

「みなさん聞いてください」

「まるさんが、20kg減量に成功したそうです。素晴らしいですね」

 

 

妄想しただけで照れますな🐷

 

 

逆に

注意するときは

「まるさん、ちょっと面貸せや。お前、痩せ過ぎちゃうんか。最近全然おもしろくないで」

 

 

人前で言われなくて良かった。

誰しも恥はかきたくないものです。

 

 

後輩指導

部下指導

の際はかなり役立つ考え方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆まとめ

 

父から子への人生の知恵。

なかなか口に出して教えてもらえないものです。

もし自分が父親になったら、

知恵を伝承していきたいです。

 

嫌われない程度にね🐷

 

 

ではでは。